La Fonte Italian Cooking Studio Perche non vieni astudiare la cucina italiano alla Fonte?

  • ラフォンテの風
  • ラフォンテグルメ日記
  • インスタグラム
  • フェイスブック

トップコラム > KAYANOのイタリア気分 No.23

KAYANOのイタリア気分 No.23

2003年11月号

生活用品のメルカー

メルカートは青空の下、朝から店開き!

4月にシチリアのタオルミーナに滞在した時のことだった。短いながらもアパートを借りて、住人気分を味わっていた。朝の挨拶の折、大家さんのシニョーラ ルチアが「今日は水曜日。上の広場で生活用品のメルカート(市場)が立つわよ。午前中だから行ってみたら?」と声をかけてくれた。帰国日が次の日だったので、その日でお買い物も仕納め。食料品の市場ならやめていた所だが、メイン通りコルソウンベルトのお土産屋さんの品揃えに、うんざりしていた私は、「掘り出し物があるかも!」っとふたつ返事で出かけることにした。

イオニア海を見下す高台に位置するこの街はどこに行くにも、坂を登ったり下ったりしなくてはいけない。広場までは険しい上り坂と階段「結構きつい!」と思っていると、両手一杯の荷物を持って坂を下ってくる地元の人に何度もすれちがう。皆とても満足そうな顔に見える。その姿に、疲れも吹っ飛んでしまった。実は私、無類の買い物好きなのです。

色とりどりの陶器が並ぶ店

始めはほんの冷やかしのつもりだった。第一値札が付いていない。試しに値段を聞いてみると「ええ~うそ!」とにかく安い!街中で20ユーロ(約2,700円)で売っていた陶器の調味料入れのセットが6ユーロ(810円)、小さいのは1ヶ1ユーロ(135円)、色とりどりのエプロンどれでも1ユーロ(135円)、野菜がカゴに入ったデザインのかわいい壁掛け時計が8ユーロ(1,080円)、エミリアロマーニャのルージネーという伝統工芸品のテーブルクロスが10ユーロ(1,350円)、あっという間に両手一杯になってしまった。それでも使ったお金が42ユーロ(9,720円)。(帰国後、生徒達とプライスクイズをして楽しみました。ピタリ賞の人は誰も居ませんでした。ニンマリ) *1ユーロ=135円は2003年4月のレート

品物は近くの街からトラックで運ばれて来る台

アパートに帰ってきて買った品物を眺めながら、10年前同じシチリア島パレルモの路上で買ったイヤリングの事を思い出した。金属にイミテーションの真珠がはめこまれ、ブドウの房がかたどってあった。シチリア旅行の前にソムリエコースを修了したこともあり、ブドウの房に一目惚れの御購入だった。値段は確か500円くらいだったと思う。(異国で貧乏学生の私には大金でした。)つけてみようと鏡の前に行ったとたん、イヤリングが手から滑り落ち、次の瞬間真珠がバラバラと床に散らばっていたのでした。落胆している私に「シチリアの露店のだからしょうがないよ!マフィアに軽く騙されたと思ってあきらめなよ!」一緒にいた友達が慰めてくれた。

イタリアでは紛い品を「ナポリ製」と呼ぶというのを聞いたことがあった。その時は「ああ、これがシチリアなんだ~!ここはナポリより南だものね。」っとやけに納得したのを覚えている。

購入した調味入れ他はラフォンテで活躍中

シチリアの露店.....!?まさに目の前に並べられた品々はその露店で売られていたものだった。時計が動かなかったらどうしよう?エプロンやテーブルクロスは洗濯で溶けちゃったらどうしょう。後でシニョーラ ルチアにパレルモの話して聞いてみると、ここの市場は観光客のためでなく、地元の人の生活のために街の外から持ってこられた品物だから心配ないという。確かに品物の後ろに大きなトラックが停まっていた。もし不良品でもお店の名前も調べられるそうだ。確かにパレルモのお店は路上に店を広げ、警察でも来たら今にも逃げ出しそうで怪しかった。 実際持ち帰った品物は教室で大活躍中です。

靴はサイズが合えばお買得!

このような生活密着のメルカートはイタリアのどこの街でも見かけることが出来る。ボローニャはアゴスト広場で毎週金・土曜日だった。皮が有名なボローニャでは靴を何足買ったことか??大きな広場に迷路の様に並ぶ店を時間をかけて見るのが大好きだった。 フィレンツェに居たときは火曜日ごとにカッシーネの公園に足を運んだ。あそこはチーズやサラミ等、食料品まで品揃え豊富だから飽きることはなかった。アルノ川添いに並んだ店を何度も往復したのを覚えている。

イタリアの生活市場は、掘り出し物があったらめっけもの。イタリア滞在の折、皆さんも覗いてみて下さいね。街によって曜日と時間帯が違うから、必ず現地で確かめて下さいね。

それでは、BUONA SPESA ! (良い御買い物を!)

コラムに戻る