La Fonte Italian Cooking Studio Perche non vieni astudiare la cucina italiano alla Fonte?

  • ラフォンテの風
  • ラフォンテグルメ日記
  • インスタグラム
  • フェイスブック

トップコラム > KAYANOのイタリア気分 No.25

KAYANOのイタリア気分 No.25

2004年1月号

Ciao イタリア!Ciao Ciaoイタリア!

2004年がスタートしました。3年目に突入したこのコーナー、今年も引き続きお付き合い下さい。

さて2004年1月20日碧天舎(へきてんしゃ)より「Ciaoイタリア!Ciao ciaoイタリア!」が出版、全国発売されることになりました。一昨年「ラフォンテ 研修ツアー 」に参加された、海老根康子さんの楽しい旅のエッセーに、私が北イタリア代表料理 のレシピと食文化の記事を載せた盛り沢山の1冊です。長年の友人で生徒の天野聡美 さんの素敵なイラストが花を添えてくれています。

この本の企画が決まったのは昨年夏でした。9月-12月までの3ヶ月間、専門分野とは全く違う事にかかわる事が出来ました。そんな中で、生徒さんを初め、たくさんの方々に意見と御協力をいただきながら世に出る事になったこの1冊。私にとっては「ラフォンテの皆で作った手作りの本」だと思っています。

思い起こせば、イタリア各地で出会った料理の美味しさと食文化の深さに毎日が感動の連続だった私のイタリア留学時代。バローロの丘を見上げた時、トスカーナのオリーブ畑を歩いた時、プーリアの真っ赤なトマトの大地を見渡した時、シチリアのブルーの海と塩田の白さが目に眩しかった時・・・いつも思ったものです。「これを自分の感動だけで終わりにせず、この国の食文化と共にイタリア料理を日本に広めて行きたい!」 と....。そして時が流れ、教室を開くことになった97年、「イタリア料理の情報源になりたい。」と留学中の思いを込めて、情報源の意味を持つ「La Fonte」と名付ることにしたのです。

ラフォンテにはイタリア料理の情報を広める事はもちろんでしたが、時には旅を通して皆さんとイタリアの情報を集める事もコンセプトのひとつにありました。それが毎年「研修旅行」と銘打って出かけて行く、ラフォンテ研修ツアーです。2002年の旅を描いた「Ciaoイタリア!Ciao ciaoイタリア!」の中では、私と参加者でイタリアと触れ合いながら作った旅が楽しく描かれています。新しい年を前に届いた1冊の本を手にした時、自分の目標がひとつ形になった思いがしました。

先日、旅の途中にイタリアでお世話になった方々に、本出版の旨をメールで送りまし た。皆さん「ラフォンテの皆さんの事はとても良く覚えています。私達がお手伝いした旅が本になるなんて、なんて素晴らしいことでしょう!」と温かいお返事をいただきました。本を一冊ずつ送らせていただくつもりですが、たとえ日本語の内容は理解していただけなくても、きっと現地と触れ合いの中で感動した私達の心が通じるはずと思っています。 これを手始めに今度はイタリア各地へ言葉を超えた感動を「ラフォンテ」からお届けしたい と思います。(少しオーバーですが、目標は大きく持った方が良いですよね!)1月20日より1冊1,000円(別税)で書店に並びます。御一読頂ければと思っています。

ということで、今年初めの「イタリア気分」は宣伝で始まってしまいましたが、最後に今年の私の目標は「食材を理解しながら美味しく料理する!」です。皆さんと一緒に美味しいイタリアンを作りながら、ますますイタリア気分を高めて行きたいと思います。

Vi faccio i miei migliori auguri per il nuovo anno!

(今年1年が皆さんに楽しく健康で美味しい一年になりますように!)

コラムに戻る