La Fonte Italian Cooking Studio Perche non vieni astudiare la cucina italiano alla Fonte?

  • ラフォンテの風
  • ラフォンテグルメ日記
  • インスタグラム
  • フェイスブック

トップコラム > KAYANOのイタリア気分 No.61

KAYANOのイタリア気分 No.61

2007年1月号

2007年 ラフォンテ 10周年!

皆さん、Buon annno! 明けましておめでとうございます!

2007年がスタートしました。今年も、皆さんと美味しいイタリアンを作っていきたいと思います。

ところで、ラフォンテが開校したのが1997年。なんと今年10周年に当たるのです。

全く知り合いの居なかった西麻布にイタリア料理の情報源になりたいと思いを込め「La fonte」と名づけて開いた小さな教室。

開校当時、六本木駅界隈は昔ながらの小さなお店や古い雑居ビルが並び、グランドハイアットあたりにはテレビ朝日の本社があり、けあき坂通りは、狭い路地に住居やマンションが立ち並んでいました。

西麻布も今より庶民的な雰囲気で、よく個人商店のお肉屋さんとか八百屋さんにお買い物に行ったものです。 当時すでにプロジェクトが動き出していた「六六開発」。それから徐々に住民の立退きが始まり、ヒルズの着工が2000年。2003年がオープンと聞き、それまでラフォンテをなんとか続けて六本木ヒルズの完成を見届けるのが目標でした。そして2003年春、教室の前から森タワーと東京グランドハイアットを見上げた時の感動!今も覚えています。

同じ頃、西麻布に温泉を掘り当てたという話を聞き、この完成も見届けられるかな~ 。なんて思いつつ...。工事を見守りました。その温泉も「六本木天然温泉 ZABOO」という名前で昨年の夏にオープンしました。(実は私、週1~2回 行っています。)

2001年秋の研修
ソァーヴェのワイン祭りにて

教室の近くに知り合いも出来、環境変化を語れるなんてラフォンテが10年間西麻布で歩んできた事を感じます。

10年間ラフォンテで出会った生徒さんの数はざっと見積もっても700名を超えます。

昔の生徒名簿を見返すと、とても懐かしく、私は一人一人のことを思い出と共にちゃんと覚えています。今年は何名の方と再会できるかしら?この「イタリア気分」を読んだら是非訪ねてきてくださいね。

そして本場の食文化に触れて欲しいと思いを込めて1999年から始めたイタリア研修。 昨年までで12回を数えました。母国語ではないイタリア語でのコーディネートは苦労もありましたが、現地の工場見学やレッスンでの参加者の熱心なまなざしが、私を支えてくれました。この研修を通して、イタリアでもたくさんの知り合いが出来たんです。

2000年春の研修
パルミジャーノの工場にて

この10年間の事を「辛い時や苦しい時もあったでしょう?」と時々、聞かれることもあるんですが、思えばそんな日は一日もなく、毎日が楽しくて希望を持って歩んで来れた気がします。「ラフォンテに来ると仕事のストレスが吹っ飛ぶんです!」とか「この前習ったレシピを作ったらとても評判が良くて!」と、皆さんの笑顔が励みでした。

1990年のイタリア留学を機にイタリアンを始めてだいぶ長い月日が経ちますが、お料理を通してイタリアでも日本でもたくさんの出会いが出来たこと。私の人生の宝物です。 これからも、アンチエイジング・元気印のkayano先生で頑張りますので、暖かく見守ってくださいね。最後になりましたが、2007年が皆さんに楽しく美味しい年になりますように!

コラムに戻る