La Fonte Italian Cooking Studio Perche non vieni astudiare la cucina italiano alla Fonte?

  • ラフォンテの風
  • ラフォンテグルメ日記
  • インスタグラム
  • フェイスブック

トップコラム > KAYANOのイタリア気分 No.91

KAYANOのイタリア気分 No.91

2009年12月号

2009年は再会の年でした!

クリスマスも過ぎ、今年もあとわずかとなりました。

2009年は皆さんにとってどんな年でしたか?

私には、新しい出会いもあったのですが、いくつかの素敵な再会を経験した年だったような気がします。昔、お仕事をさせて頂いた方で、偶然に会った方もいます。久しぶり電話で話した方や、逢いたくて訪ねた方もいます。懐かしい友人や知人からお便りやメールも頂きました。

そんな中で、一番印象に残っているのは、16年ぶりに会えたシニョーラ ピエリーナの事です。彼女はサルデニア島のアルゲーロという街に住んでいます。

秋にサルデニアに行く事を決めた春ごろから、訪ねようと決めていました。

今まで2回程、サルデニアは訪ねていますが、中々アルゲーロに行く機会に恵まれませんでした。16年前と言えば、電子メールもなければ携帯電話さえない頃です。それにも増して、時の流れと共に、電話番号も紛失してしまいました。

シニョーラ ピエリーナ

手掛かりはイタリアから戻った94年のクリスマスに頂いたカードのみでした。

省略された住所が書かれています。

オリスターノ在住の藤田智子さんに車で連れて行っていただいたのですが、周辺に着いた時、急に記憶が蘇って来ました。

若い時の記憶ってすごいですね。散歩に出た道さえ辿ることが出来たくらいです。

高層アパートが並ぶ真ん中の建物の、たしかピエリーナの家は最上階のワンフロアーです。

再会の瞬間

見つけました!表札。こわごわと呼び鈴を押し、「kayanoです。日本から来ました!」と答えると、「信じられない本当の事!」とピエリーナが叫びます。

階段を上がって行くと… そこには素敵に歳を重ねた63歳のピエリーナが立っていました。

16年前、私の学校があったトリノでちょっと知り合っただけなのに、好意に甘えて学校終了後、彼女の所に3日間も泊めて頂いたのです。

感激のあまり抱き合うと、何とも言えない懐かしさがこみあげて来ました。

突然の来訪にも関わらず、心地よく家に招き入れてくださりコーヒーを入れてくれました。横に座った彼女は思い出の品や写真を出してきて、16年前、私が訪ねて来た時の事を語り始めました。彼女の目に当時の私は、熱心な料理留学生に映っていた様です。そして、なんと、私が残してきた、天麩羅のレシピが残っていて、「日本の友達から教えてもらった。」と時々作るのだそうです。

中学生だった娘さんも、小学生だった二人の息子さんもすっかり立派になっていました。

私の事も「歳をとったな~。」と思ったに違いありませんけど…。

息子さんとスリーショット

それにしても、本当に、あの頃の私は右も左もわからないのに結構度胸のある、若者でした。イタリア語が100%理解出来ないくせに、恐れを知らない図々しさで、人々の好意にとっても甘えていました。

友達の友達みたいな知り合いでも、泊めて頂いたり、お食事を御馳走になったり…

なんとなく学生気分だった気がします。

今、その頃の事を思い出すと、借りをたくさん作ったような、とても恥ずかしい気持ちになります。思えば、私ももう、人生の折り返しの年、そろそろ今までたくさん頂いた御好意に恩返しをしなくてはいけない年齢になったような気がします。

今までの感謝に報いるべき毎日を歩まなければいけないと感じています。

来年からは、そんなスタンスで毎日を送り、人に役に立つような生活・仕事をして行けたらと思っています。

ピエリーナの家に、3時間の滞在の間、美味しいランチを戴き、思い出話と近況報告に花が咲きました。ああ今回も御好意にどっぷり浸かってしまいました。

別れを惜しみながらも、近い再会を約束し別れを告げ、アルゲーロの海岸通りに出ました。

アルゲーロの海岸通り

ここは青い空も海がとても印象的な街です。そのたたずまいにも、懐かしさが溢れて来て、この素晴らしい風景はどんなに時が流れても変わっていないのだと実感しました。

その風景の様に、年は重ねても人の心に流れるものも、不変なような爽やかな気持ちに包まれた再会でした。

私にとって、懐かしい方との再会を果たした2009年と言う年、とても素敵な一年でした。そして、2010年はどんな出会いが待っているのでしょうか?

また、懐かしい人との再会もあるのでしょうか?

皆さんにとって、来年が素敵な年になりますように、願いをこめて・・・・・

1年間の感謝を心から申し上げたいです。

Vi ringrazio di cuore! (心からありがとう!)

コラムに戻る