La Fonte Italian Cooking Studio Perche non vieni astudiare la cucina italiano alla Fonte?

  • ラフォンテの風
  • ラフォンテグルメ日記
  • インスタグラム
  • フェイスブック

トップコラム > ミラノ便り No.8

ミラノ便り No.8

"ペッツォ村限定"タルトを習う

前回お話したカモニカ渓谷のペッツォ村。20年前は冬は2階からしか出入りができないほど雪が積もったそうである。地球温暖化で今年の冬は雪がちらつくこともない。

冬はやっぱり雪がなくっちゃっと嘆くディアネッラさんのもとで、この村でしか作られないトルタ・セッカ・ディ・ぺッツォ(ぺッツォ村の硬いタルト)の手ほどきを受けた。マントヴァの有名なズブリゾローナに似ている。

溶かしバター(彼女は牛飼いの手作りを使う)
150g
全卵
大2個
グラニュー糖
200g
マカロン
6個
アーモンド・ヘーゼルナッツ・クルミ
計200g
小麦粉
400g
少々
オイル(タルト型のため)
少々
パン粉
少々

・全卵とグラニュー糖、粉々にしたマカロンと塩少々をボールで混ぜ合わせる。

・そこにヘーゼルナッツを加える。ヘーゼルナッツは大きかったら、少し刻んだほうがいいそうだ。

・そして荒めに切ったアーモンドとクルミも加えていく。

へーゼルナッツとアーモンド、クルミの割合は気分次第!

・そこに、一気に小麦粉を加えて、スプーンでかき混ぜる。

ダイナミックというか、大雑把というか、見ていて気持ちがいいくらい。

・最後に溶かしバターを加えたら、もうおしまい!

タルト型にオイルを手早く塗って、パン粉をまぶし、用意した生地を流し込む。

・150度から170度ほどのオーブンで45分ほど焼く。
串を刺して、仲間で火が通ったかどうか調べ、生地が串についてこないようだったらOK!

・5分ほどオーブンを開けたままにして、タルトをさます。

・最後に好みで粉砂糖をかける。

さめてからのほうが美味しいわよ、と言いながら、私にタルトを包んでくれた。

翌朝、朝食代わりにこのタルトを堪能した。 エスプレッソより、紅茶のほうが、ナッツの香ばしさが引き立つような気がした。

コラムに戻る