La Fonte Italian Cooking Studio Perche non vieni astudiare la cucina italiano alla Fonte?

  • ラフォンテの風
  • ラフォンテグルメ日記
  • インスタグラム
  • フェイスブック

トップコラム > ミラノ便り No.9

ミラノ便り No.9

和食ブーム

我が家で寿司に挑戦!

日本でのイタリア料理ブームはすっかり定着したが、なんとここ、イタリアでは、最近、和食、それも刺身、寿司が大人気である。

ローマに住む日本人の友人と話してみると、ローマではミラノほどではないようだ。

『さくら』

数年前までは中華料理だった店が、いつの間にか、和食レストランになっていて、でも中に入ると以前と同じ中国人がやっている、というのは、ミラノでは当たり前!

我が家の近くの中華の店も、“さくら”と名前を変えた。もちろん日本人がやっている店もあるのでご安心を!

そして、イタリアンのシェフが地中海風寿司なるものをメニューに加えている店が増え、人気がある。

うちの近くの、結構こじんまりとしたスーパーの魚売り場の一角に、テイクアウトのプラスチックのケースに入った寿司が並ぶようになった。

でも、なんと言っても先日驚いたのは、ミラノの中央駅のホームがある2階のスーパー、FREE SHOPにテイクアウト用の寿司を見つけた時である。

値段も手ごろ! YAMAと言う商品名の文字を見ると、中国人が経営しているのでは?という気がする。

今は暑いので、生ものは少し心配だけど、秋になったら電車で遠出する時は、ぜひ購入しよう!と楽しみにしている私である。

ミラノの老舗の魚屋、DA CLAUDIOでは、もう数年前から昼食時と夕方に地中海風刺身をやっていて、大変人気がある。始めたばかりの頃は、閑古鳥が鳴いていたが、2年程前にはスペースも倍増!

何しろ、昼食時には外に行列ができるくらいなのだ。

まず食券を購入し、立って食べるのだが、私の目当て、MEDITERRANEOは5種類ほどの新鮮なタタキが、上等なエキストラバージンとレモンであえてあり、味付けも抜群である。

魚は毎日変わるが、マグロ、タイ、スズキ、カジキ、エビ、日によってはホタテがあったり・・・と言う豪華版である。スパークリングワインが一杯、水も飲み放題、パン、醤油も用意され、一人で行っても、幸せなひと時が楽しめること間違いなし!

食べている人は大半、近くのイタリア人のサラリーマンで、日本人に出会うことは珍しい。刺身、寿司がこれだけ定着したのだな~と感慨深い私である。なんて言ったって、20年前、海から離れたシエナに住んでいた頃は、我々日本人は、お皿の上に生の魚を一匹で~んと乗っけて、かぶりつくんだ・・・というイメージで見られていたのだから!!

和食ブーム万歳!

コラムに戻る